LogoMark.png

宋 高天

宋 高天

博士前期課程 造形表現領域 三枝研究室

研究テーマ

研究題目

グラフィックデザインにおける触覚の視覚表現の応用に関する研究

研究概要

五感中で、触覚は一部分の視覚を含む特殊な存在である。ある物体は、その視覚で触覚を判断できるこの感覚は抽象的な主観感受であり、過去の経験と科学理論に基づいて判断するでもある。したがって、触覚が視覚に統合されると、オブジェクトのビジュアルコンミュニケーションが更に完善できると思う。

研究方法

物のテクスチャ、色、および形態の3つのポイントから触覚を表現する必要がある。そして、オブジェクトの面白い組み合わせと細部の合理的な誇張を追加して、画面をより面白くする。

研究目的

オブジェクトをより良く販売するために、Adobe Illustrator絵図方式を使用して、オブジェクトが魅力的な方式で表現したい触感を表現し、パッケージ、ポスター、および宣伝物に適用する。

研究価値

伝統的な視覚を打ち破るのは、オブジェクトの視覚効果のみを表現し、より細かい触感を追加することで、製品の特点をより正確に最大化の宣伝をできる。多くの消費者は、すでに統一された宣伝アイテムに無関心で、単純の視覚は消費者を満足させることができない場合、人々に他の感情を与えるためにオブジェクトの表現する方法が焦点になっている。


受講科目

1年次前期受講科目

 造形表現特定演習(メディア表現A)
 造形表現特定演習(美術史)
 造形表現特定演習(情報デザインA)
 デザイン総合研究Ⅰ
 造形表現特殊演習(映像表現A)
 造形表現特定演習(イラストレーションA)
 造形心理学特論


1年次後期受講科目

 造形表現特定演習(グラフィックデザインB)
 造形表現特定演習(イラストレーションB)
 造形表現特定演習(版表現)
 造形表現特殊演習(映像表現B)
 造形表現特定演習(情報デザインB)
 デザイン総合研究Ⅰ
 映像特論




自己紹介

ごあいさつ

よろしくお願いします

趣味

サッカー

リンク集

サイト内リンク

参考サイト(研究の参考となるサイト)


おすすめ動画


PAGES

GUIDE

Last-modified: 2020-04-29 (水) 11:53:17