LogoMarkWhite.png

造形表現専攻

造形表現専攻

九州産業大学 芸術研究科


課程と学位

博士前期課程(2年)|Master's Program

修士(芸術)


博士後期課程(3年)|Doctoral Program

博士(芸術)




領域構成

博士前期課程・博士後期課程 共通

芸術表現領域

技術革新、情報化、国際化など社会構造の変化によって、
アートが内包する役割・可能性も徐々に変化しています。
芸術表現領域では、伝統を守り継ぎながらも時代の要請を的確にとらえ、
芸術世界の革新をも視野に入れた作品創造に挑戦。
さらに現代社会における美術を研究者としての視点でとらえ、
その真価を追究していきます。

デザイン領域

社会とのかかわりの中で形成されるデザインについて、
基礎から最先端分野まで幅広く修得し、
高度な理論と方法論のもとで各デザイン分野の可能性を追究。
人、モノ、空間、情報とデザインとのかかわりに関する
理論研究と作品制作を融合させた、
総合的なデザイン研究を実践していきます。

写真・映像領域

現代社会の中で、写真・映像の世界は単なる記録や伝達を超え、
人々の心の深部に届く重要な存在となっています。
写真領域では、写真・映像を人と社会と心をつなぐ
重要なメディアとしてとらえた表現研究及び創作活動を展開。
マルチメディア時代に新たな価値をもたらす高度な創作活動、
理論的研究を行っていきます。



履修規定(要点抜粋)

以下 2023年度入学生から適用される内容です(2022年度以前は異なります)。

博士前期課程

学生は、 2 年以上在学し、必修科目として、指導教員が担当する総合研究科目 8 単位及び応用演習科目 4 単位、選択科目として、総合研究と同一領域の特定演習科目4単位を含め計18単位以上、合計30単位以上の修得が必要です。

学生は、修士の学位論文又は特定の課題(作品等)について、研究成果の審査及び最終試験に合格することが必要です。

博士後期課程

学生は 3 年以上在学し、必修科目として、研究指導教員が担当する特別研究科目12単位の修得が必要です。ただし、研究指導教員が必要と認めた場合は、共通科目を6単位まで履修することができます。

学生は、博士の学位論文(研究指導教員の指導により作品を加えることができる)について、研究成果の審査及び最終試験に合格することが必要です。



開設科目一覧

2023 学則

2022 学則

2021 学則

PAGES

GUIDE

添付ファイル: file博士前期課程科目一覧_2021.pdf 350件 [詳細] file博士後期課程科目一覧_2021.pdf 254件 [詳細]
Last-modified: 2023-04-07 (金) 18:04:20