LogoMark.png

伊藤晃生/FeliceBeato

フェリーチェ・ベアト(Felice Beato)


Felice Beato

英名「フェリックス・ベアト(Felix Beato)」
1832年~1909年(79歳没) 写真家、起業家


 日本に手彩色写真文化を最も普及させた第一人者。
1863年、横浜で写真館を開業。波乱な幕末の世を撮影し続け、日本絵具で着色したカラー写真(横浜写真)を販売し、外国人旅行客によって世界中から写真が注目されるようになる。弟子には、手彩色技術を受け継いだ日下部金兵衛もいる。
 このほかに「ジャパン・パンチ」でお馴染みの風刺画家チャールズ・ワーグマンとは、戦友関係でもある。度々、「ジャパン・パンチ」内でもデフォルメされたベアトが登場している。


※以下は、時系列でベアトの生涯を紹介する。



生い立ち

1832年イタリア・ヴェニスに誕生し、2歳以降はイギリス保護領であったコルフ島(イオニア諸島合衆国、現:ギリシャ)やイタリア領コンスタンティンノープル(東ローマ帝国、現:トルコ)で過ごしたとされている。その後、弟:アントニオ(Antonio Beato)と共に写真家の道に進んだ。



東ローマ帝国で写真館開館

ベアトが21〜22歳の頃、東ローマ帝国(現:トルコ)の首都コンスタンティンノープル(現:イスタンブール)で写真家ジェームズ・ロバートソン(James Robertson)という男性と手を組み、写真スタジオを開業したことが分かっている。その後、ベアトの妹:マリアとジェームズが結婚し、家族になる。



写真家の助手ベアト

1856年、ベアト24歳の時にクリミア戦争の戦時下に4~7月の3か月間、写真助手として派遣。経緯としては、ジェームズの誘いが関係している。当時、クリミア戦争で写真を記録していた報道写真家ロジャー・フェントン(Roger Fenton)が病に倒れ、代理としてロバートソンが選ばれた。過去に写真スタジオを開業した経歴があるのと、造幣局で主席彫版師として国に仕えていたことが派遣されたとされている。



初の日本入国、それからの移住へ

 1863年8月、スイス全権大使エメ・アンベール(Aimé Humbert-Droz)の日本国内旅行(視察)のためベアトとワーグマンが同行し、横浜、下関、鎌倉、金沢、京都、東京へ足を運んだ。
 その翌年、横浜で20年間の日本生活をはじめるベアト。戦友ワーグマンと写真会社「Beato & Wirgman, Artists and Photographers」を設立。当時、人気であった浮世絵からヒントを得て、写真(白黒)に直接、色を塗ってカラー写真にする手彩色写真(横浜写真)を確立する。しかし、その3年後の1866年旧暦10月に関内大火(豚屋火事)によって写真館は全焼し、資材もすべて灰に変わった。
 ベアトは諦めず、会社の再建を目指し、明治政府誕生の1年後である1869年に再び横浜の地で写真会社「F. Beato & Co., Photographers」と単独で立ち上げに成功。外国人と日本人を合わせ約9名で会社を運営していたとされている。その中には、後に偉大な手彩色写真家の日下部金兵衛もいた。



現在でも不明な事

PAGES

GUIDE

Last-modified: 2021-10-25 (月) 17:20:07