LogoMarkWhite.png

李启睿

李启睿  Li QiRui

芸術課程 写真映像領域 百瀬研究室

研究題目

「日常の旅」

研究概要

 課題「日常の旅」は岐阜県の飛騨高山を中心として研究したいです、岐阜県の飛高山はアニメ「氷菓」に登場した舞台やそのモデルとされる場所を巡ることが中心でした。高山市の中に、城下町の色濃く残す古い町並など強烈な印象を受け、伝統的な城下町独特の庶民文化や生活に好奇心をあた。自分が受けたアニメの影響があって、舞台の高山市において、色んな文化的なものとそこに住んでいる人々の現代の日常生活、そして自分の感性をミックスしたスナップ写真撮りたいです。
 スナップ写真には瞬間を捉える特徴があります。私のスナップ写真は、日常の中でその場の空気や人々の姿を瞬間的に捉えたものなど、気取られに感じたことを素直に切り取りました。この味わいのある古い街や、商店街や、街角で出会う人々など、自分が気になるものはどんどん撮影してみたい。写真で、私は旅の気分が伝わってきて、眼差しそのものが体現され、記憶に残るものを表現します。外国人の視点で高山の町とそこに住んでいるの人々の現代の日常生活を記録し、さまざまな考えをカメラを通して視覚化します。そして撮影の途中で、自分の撮り方と表現方法を摸索する。
研究の方法
 1年間の計画について、まず前期は撮影場所に関する文献、映像資料など情報を集め、現地資料を整理、分析し、岐阜県の飛高山は江戸時代から面影を残す古い町並や、歴史がある朝市があります。高山市の独特な地域を選んで、撮影場所を決めます。次は、撮影時期を考えて、できるだけ春夏秋冬の光景とその住んでいる人々の日常生活を撮影します。三つは、妥当性が高いルートを計画する。週末とゴールデンウィークを利用して高山市に行って初期撮影をします。後期は長期休暇を利用し、一ヶ月間の撮影を行います。新学期て写真について先生と相談します。作品を補充する。





PAGES

GUIDE

Last-modified: 2021-05-21 (金) 13:37:53