LogoMark.png

雷 凱 の変更点


*雷 凱 RAI GAi
博士前期課程 デザイン領域 黒岩研究室
15号館 3F
305
***研究テーマ
-「イメージの中の黒と白」
#ref(比翼鸟07b317b&w.jpg)
#ref(11970719_024027129128_2.gif)
~私が言うイメージの中の黒と白は 画面(イメージ)に必要な条件を形成する最も重要な基礎構成の一つだ。  映像は毎秒24写真で構成されている。最初の写真はただ「AgCi」化学反応の形成を通したガラスの上の黒と白画像だ。各種類の芸術形成の最初の形態になる可能性も他の芸術形式の起源である。その起源が考え始められ、その後発生した多くの新しい思想と創作手法できた写真や映像などの芸術形式の変化において、すべては黒白の構成で最も早く始まった絵画のスケッチと最初の写真は基本的に同じ視覚体験です。しかし、科学技術の発展に伴って、写真の基礎の上に立って、また現れた更新の観念と技術があります(写真が写真と呼ばれるのはスケッチより真実に近いからだろう)。後の「よう動現像(残像)の理論」と写真を一緒に作った動画に受け入れられて、そして今、人々の生活の中で最も重要な芸術形式の一つになりました。  だからこの映像芸術は今の世界で流行しています。私の今後の学習、研究、創作の主な目的です。  絵画芸術はたし算のようだと思います. 絵画を見た素材の技術の手段を通じて画用紙の上で、再現します。  映像には二つの面があります。撮影の時ひき算のようにします。四角い小窓で必要ではない素材を排除します。編集の時.元のスクリーニングの素材は組み合わせて.そして映画特効や音声や文字などを加えます.それはたし算のようだと思います。制作手法は千変万化するので、「黒と白」を研究することは「狭義的」な意味と「広義的」な意味の2種類に分けられます。狭義的な研究はいわゆる技術の研究です。例えば、撮影の過程の中で技術の手段によって得た映像が異なるはずです。光や構図や角度も画面の黒白構成に影響します。観客は見る時いろいろなことを感知します。この研究は「どのような構成が観客にどんな感知があるのか」という問題です.(人間工学によると人は映像を見る時画面の中でいろいろな構成のため、自分の感知が変わることがあります。この現象は「視覚の力の場」と呼ばれている.言い換えるなら技術研究手法は観客にどう影響するのかという研究です。  広義的な研究はいわゆる映像作品を表す意味の研究です。別の人には別の人生経験がありますから.同じ映像作品を別の人が見ると評価が違います。すべての人は違う認知があります。映像の中ですべての画面はモールス信号のようです。違うモールス信号のさまざまな組み合わせには違う意味があります。映像も編集の手法が違うと観客が受け取るメッセージも違います。この中にこの黒白構成は抽象的に存在するのです。この方面の研究のポイントは映像が終わってから意味は黒で、観客は黒だとしても.意味が白で観客はあの同じ意味がわかります。(この黒白構成は正しいか正しくないか、善と悪、過去と今、積極的と消極的など)どんな創意で観客の心理に影響を与えることができるのか、ということだ。  上述したように私の研究計画はイメージの中でどのように黒白構成で観客に感知と認知を影響させるかが主題です

//***[自由な見出し]
//-[[雷 凱]]
//-[自己紹介、メッセージ、関連情報へのリンクなど、自由にご利用下さい]
~
//-http://www.kyusan-u.ac.jp/J/art-gs/index.php?cmd=edit&page=雷%E3%80%80凱
//***展覧会、研究発表、プロジェクト活動等
//-○○〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
//-○○〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
//#lightbox(e265bdfb64bcee6653c8a53a5cd21b3f.jpg,,20%)

//***受賞
//-○○〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
//-○○〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
~
~
~