LogoMark.png

野中 隆之介

野中 隆之介  Nonaka Ryunosuke

博士前期課程 美術領域 古本研究室


研究テーマ

現代における、手業と作家性の意義

制作のアプローチ

 多くの仕事が機械化される現代での、人間の手業の存在意義を考える。

機械にはない、人間の特有の「揺らぎ」を表現に取り入れていきたい。

 また「個性」という表現が、現代においては「差別化」とほぼ同義で

使われている状況に対して、できるだけ相対的な視点を排除した作品制作を

行っていきたい。

展覧会

2017 「トビQ」/ 画廊るたん(東京)

2017 「第91回 国展 絵画部企画展示」/ 国立新美術館(東京)

2017 「第25回 アジア美術家連盟日本委員会展」福岡アジア美術館(福岡)

2017 「ミニウムQ」/ ターナーギャラリー(東京)

2017 「blossom」/ ギャラリー風(福岡)

受賞




PAGES

GUIDE

Last-modified: 2020-03-17 (火) 17:08:13