LogoMarkWhite.png

諸琳/デザイン総合研究I

日日是好日

自然のパターンを活用したWebカレンダーの制作

 

            Main Visual / CurrentStatus
            プロジェクトの最新の状態を視覚的に掲載

  




研究の背景と目的

社会背景

時間計画は常に重要である。自分に実用的なカレンダーがあれば必要だ。どのように自分に合うカレンダーを選ぶか、 アンケートを通じてユーザーのニーズを理解し、カレンダーのデザイン、カレンダーの可用性を増やす、実用性、より多くのユーザーを満たす。日常生活は多くの創作起因となっているが、自然のテクスチャー·パターンもデザインに多くのインスピレーションを与えている。多くの伝統的なパターンでも同様だ。例えば、八代目の将軍徳川吉宗の故郷の紀州である徳川家が使用した鮫小紋はサメの肌のテクスチャーを小さな点と弧状の模様で描いている。平面だが質感を感じさせる、シンプルながらも長く愛される模様だ。
そしてテクスチャーを通して新しい視覚的表現に適用することができる。佐藤卓は三宅一生のPLEATS PLEASEを元の色彩の基本系列をインスピレーションにし、生地のテクスチャーを山茶花、梅花、ポピー、又は海洋生物などを模擬デザインした。

コンセプト

日々、嬉しいこともあれば悲しいこともある。しかし、善し悪しにかかわらず、いずれも成長の経歴になるはずである。すべての日を素晴らしき日という理念で考え、大自然のテクスチャを素材にし、身近に隠されている美を見つけた上で、籤を抽選するような形を以て、素晴らしき一日を始めることにしよう。日々、少しながら期待する気分を以て、生活を体験すれば、日常生活も多様多彩になるのであろう。

研究目的

自然に隠されたテクスチャーやその類似性を探究し、応用することは、視覚と機能に新しい可能性を持っていると考える。それは私たちが見落としていた自然の真の美しいスペクタクルの再発見、個性などの情報容認に繋がり、新しい表現につながるだろう。自然のテクスシャーを利用して視覚的、機能的にユーザーの体験を満たすカレンダーを作る



研究方法(制作方法)

調査研究

実験研究

アンケート調査について

https://forms.gle/rtxmucEpjsNFvFiN9


制作ツール(技法)

研究結果

アンケートの分析について

考察(まとめ)

12月自然物の調査分析する

x1.jpg
x2.jpg
x3.jpg
1月-梅の花2月-椿3月-チューリップ
x4.jpg
x5.jpg
x6 .jpg
4月-桜5月--タンポポ6月-紫陽花
x7.jpg
x8.jpg
x9.jpg
7月-アサガオ8月-ひまわり9月-ラベンダー
x10.jpg
x11.jpg
x12.jpg
10月-モクセイの花11月-かえで12月-イチョウの葉






作品概要

2021.09.24 暫定案

時間と色の分類

一月一色 、一週一肌、 一日一籤 とする。

2022mini.jpg


色彩の設定


テクスチャー素材の制作


webサイトの制作

動くテクスチャーがwebサイトの制作




参考資料














PAGES

GUIDE

添付ファイル: filex12.jpg 45件 [詳細] filex11.jpg 42件 [詳細] filex10.jpg 43件 [詳細] filex9.jpg 45件 [詳細] filex8.jpg 46件 [詳細] filex7.jpg 41件 [詳細] filex6 .jpg 46件 [詳細] filex5.jpg 48件 [詳細] filex4.jpg 53件 [詳細] filex3.jpg 48件 [詳細] filex2.jpg 55件 [詳細] filex1.jpg 55件 [詳細] filex2.JPG 14件 [詳細] file本0.jpg 39件 [詳細] file00001.jpg 45件 [詳細] file7w.jpg 47件 [詳細] file6w.jpg 53件 [詳細] file5w.jpg 49件 [詳細] file4w.jpg 52件 [詳細] file3w.jpg 48件 [詳細] file2w.jpg 49件 [詳細] file12月.jpg 70件 [詳細] file2022mini.jpg 68件 [詳細]
Last-modified: 2022-05-13 (金) 12:23:35