LogoMark.png

潘禕晨

潘 禕晨  Pan Yichen

芸術課程 写真映像領域 百瀬研究室

研究テーマ

撮影者と被写体の関係性によるポートレート写真

研究目的

写真には撮影者と被写体が写っています。 人だけでなく、色々なテーマがあります。写真家と被写体の関係は違う時は表現が違います。 撮影を学び始めるときは、家族や友達や身近な環境から撮影を始めるのがほうがいいだとある写真家言ったことがあります。 これにより、違いを見つけやすくなります。 新しい場所に行くことは、異なる感情や新しいインスピレーションをもたらすことができます。 風景や他の物体と人物を撮影することが違います。人々は、生活環境、成長の経験、学習の知識などに基づいています。誰もが異なり、世界に対するの認識も異なります。 人が被写体である場合、撮影される写真は、二人の関係、撮影者が被写体に対する理解、および被写体が撮影者の前の状態を反映しています。私たちはこの社会に住んでおり、人と人との社会的交流は避けられません。 自分の目で世界を見るだけでなく、他人の目で世界を見る必要があります。人を撮影することは、他人を観察する方法です。 また、他の人とコミュニケーションをとるの方法です。
ポートレート写真は肖像写真の意味で、人物を主な被写体として写真のことを言います。ポートレート写真といっても時間、場所と人物が違う時、表現方法が違います。このような、撮影者と被写体の関係性によるポートレート写真を研究したいと思います。

研究の方法

大学院で様々な表現を試し、より多く知識を習得します。自分の思想を写真で表現します。そして、たくさん写真家の写真を観察し、たくさん人と物の写真を撮りし、自分が撮影者として被写体の関係を観察します。

箇条書きの例


リンクの張り方の例


整形済みテキストの例

上記箇条書き、リンク、以下のように記述しています。

-項目1
-項目2
--項目2−1
--項目2−2
-項目3
-項目4
-内部リンク:[[学生一覧]]
-外部リンク1:http://www.kyusan-u.ac.jp/
-外部リンク2:[[九産大>http://www.kyusan-u.ac.jp/]]


[自由な見出し]




展覧会、研究発表、プロジェクト活動等




受賞




確認事項

PAGES

GUIDE

Last-modified: 2021-05-21 (金) 19:33:56