金川一夫

会計情報システム研究
経済・ビジネス研究科-博士前期課程-現代ビジネス専攻-ビジネス・会計分野

 会計情報システムは企業の会計処理をIT化した情報システムです。

(1)この情報システムでは、経済活動のデータをインプットして取引のデータベースを作成します。そして、取引のデータベースから以下の情報をアウトプットします。
 ①仕訳帳、売上帳などの帳簿や請求書などの伝票を作成します。
  これによって経理の作業が効率化されます。
 ②貸借対照表や損益計算書の決算書類、利益計画や予算編成などの計画書類を作成します。
  これによって投資家や経営者などの意思決定に役立つ情報を提供します。

(2)このように、会計情報システムは企業を運営する上で重要なシステムであり、データをインプットする方法、情報をアウトプットする方法、会計情報のデータベースを検索する方法、企業経営を予測する情報を作成する方法はビジネスを学ぶすべての院生に知ってもらいたい知識です。

(3)授業は、教科書の解説とパソコン演習の形式で行いますので、企業情報のデータベースを検索できるようになります。

 こうした授業により、ICTを活用する人材となるために必要な知識を獲得すること(DP)(CP)ができます。

Last-modified: 2020-05-30 (土) 15:15:11