博士前期課程


経済学専攻

グローバル化、情報化とサービス化が急速に進展する現代の経済社会では、喫緊の対応を必要とする複雑で多様な経済社会の課題が集積しています。こうした課題に対応できるように、現状及び実態の正確な把握と経済理論に基づく科学的な分析に基づき、適切な政策の企画・立案を行う実行力が求められています。

そのため経済学専攻では、経済システム、歴史及び総合政策等の科目群から構成される教育課程により、高度な専門的知識と研究能力を持った人材の養成を目標とし、「修士(経済学)」の学位の取得を目指します。

現代ビジネス専攻

  • ビジネス・会計分野
    現代ビジネスでは、ビジネス活動に関して、コマースの観点から分析し、ビジネス活動の高度化と体系化に資する能力や、現代の企画経営の根幹をなす会計業務に関して、高度な専門知識の習得が求められています。
    現代ビジネス専攻「ビジネス・会計分野」の「ビジネス」では、市場ニーズの分析に基づき、ビジネスにおける競争優位の実現を担うビジネスパーソン、マーケティング等の特定分野に従事する専門職業人、先端的ビジネスに関する商学分野研究職等の養成を目標とします。
    「会計」では、実務能力の向上と理論の進化を図り、会計業務に通じたビジネスパーソンの養成、社会人に対する会計業務の再教育とレベルアップ、将来会計学を探求する研究職の養成及び税理士等の資格取得支援等を目標とします。これらによって本分野では「修士(商学)」の学位の取得を目指します。

  • マネジメント分野
    グローバル化と規制緩和の進展にともなう企業間競争の激化によって、企業及び事業の再編成が急速に進む中で、質の高いマネジメント、戦略的マーケティング、効果的なITの活用等による経営改革が進行しています。
    現代ビジネス専攻「マネジメント分野」は、そのような現代企業に関連して事業経営、ヒト・モノ・ネ・情報の管理等を理論的、実践的に分析し、問題発見と課題解決能力を養い、企業の中堅となるビジネス パーソン、中小企業経営者や企業家、将来経営学を探究する研究職等の養成を目標とし、「修士(経営学)」の学位の取得を目指します。



博士後期課程


経済・ビジネス専攻

現代ビジネスでは、ビジネス活動に関して、コマースの観点から分析し、ビジネス活動の高度化と体系化に資する能力や、現代の企画経営の根幹をなす会計業務に関して、高度な専門知識の習得が求められています。

現代ビジネス専攻「ビジネス・会計分野」の「ビジネス」では、市場ニーズの分析に基づき、ビジネスにおける競争優位の実現を担うビジネスパーソン、マーケティング等の特定分野に従事する専門職業人、先端的ビジネスに関する商学分野研究職等の養成を目標とします。

「会計」では、実務能力の向上と理論の進化を図り、会計業務に通じたビジネスパーソンの養成、社会人に対する会計業務の再教育とレベルアップ、将来会計学を探求する研究職の養成及び税理士等の資格取得支援等を目標とします。これらによって本分野では「修士(商学)」の学位の取得を目指します。


LINK

Last-modified: 2020-03-18 (水) 19:10:49