浅川哲郎

この科目は、「租税法」の講義を通じて習得した所得税を中心とする基礎知識を基に、特に法人税との関わりに留意しつつ、想定される税務上の法的紛争につき、問題をより実践的に分析し、解決する能力を磨くことを目的とする。具体的な事実と状況から、租税法上の論点を発見し、これに対して妥当な解決をもたらす論理を展開する能力を身につけてもらいたい。

Last-modified: 2020-04-07 (火) 20:55:42