浅川 哲郎

ASAKAWA TETSURO

7877.jpg

お知らせ

授業情報

自己紹介・経歴

医療システムと相続税の研究をしています。医療システムに関しては原価計算システムを取り上げています。相続税は国際的なプランニングが専門です。

福岡教育大学附属福岡中学校(現在、同窓会監事をしています)、福岡県立明善高等学校(現在、同窓会理事をしています)、上智大学を経て昭和63年 株式会社東芝入社。同社日野工場総務部、本社勤労部を経て退職後・渡米。平成7年コロンビア大学経営大学院修了(MBA)後、ロサンゼルス、ニューヨーク、東京の大手会計事務所勤務を経て平成17年から九州産業大学勤務。その過程で平成11年ニューヨーク大学経営大学院上級プログラム(連邦税課程)修了、平成14年筑波大学大学院ビジネス科学研究科企業法学専攻修了(法学修士)、平成18年九州大学より博士(経済学)号、平成28年一橋大学より博士(経営法)号取得。

公刊論文

「米国における信託課税 と信託を利用した事業承継策」平成31年1月、九州産業大学『商経論叢』第59巻第3号、39-73頁。

「米国遺産税の改正議論とタックス・サリエンスによる改正要因の分析」平成30年12月、九州経済学会年報第56集、7-12頁。

「プライベート・エクイティ投資における信託と経営権の研究」平成30年11月、信託研究奨励金論集第39号、70-95頁。

「信託を利用した資産継承と世代跳梁税の展開‐デュポン社の事例を中心として‐(前編)」平成30年9月、九州産業大学『商経論叢』第59巻第1号、1-25頁。

「信託を利用した資産継承と世代跳梁税の展開‐デュポン社の事例を中心として‐(後編)」平成30年11月、九州産業大学『商経論叢』第59巻第2号、1-26頁。

「わが国における相続税制の展開(前編)」平成29年12月、九州産業大学『商経論叢』第58巻第2号、1-29頁。

「わが国における相続税制の展開(後編)」平成30年3月、九州産業大学『商経論叢』第58巻第3号、23-58頁。

「米国連邦遺産税の歴史-シャウプ使節団における問題意識の背景について」平成29年9月、九州産業大学『商経論叢』第58巻第1号、1-30頁。

室岡祐司氏との共著「医療における新しい展開について:コンビニエント・ケアとメディカルツーリズム」平成29年3月、九州産業大学『産業経営研究所報』第49号、1-10頁。

「わが国における事業承継の沿革-大企業の対応を中心に-」九州産業大学『商経論叢』第57巻第3号、25-54頁。

「オバマ医療制度改革後の医療システム効率化の視点 -モジュール化の観点から-」平成28年12月、九州経済学会年報第54集、1-8頁。

「米国における遺産税の歴史的考察-事業承継税制を中心に-」平成28年9月、一橋大学博士論文

「オバマ医療制度改革下の病院マネジメント・システムの変化」平成28年3月、九州産業大学『産業経営研究所報』第48号、1-13頁。

「米国遺産税における非公開会社株式の評価」平成26年3月、九州産業大学『商経論叢』第54巻第3号、1-39頁。」

「米国遺産税の歴史-現行の遺産税創設時(1916年)まで」平成25年3月、九州産業大学『産業経営研究所報』第45号、1-12頁。

「福岡県における病院組織の変遷」平成24年3月、九州産業大学『産業経営研究所報』第44号、1-21頁。

「予算と心理学に関する一考察」平成21年12月、九州産業大学『商経論叢』第50巻第2号、141-158頁。

「米国の医療システムと経営学からの批判」平成21年9月、九州産業大学『商経論叢』第50巻第1号、79-112頁。

「病院における品質管理と原価計算システム」平成20年6月、九州大学博士論文。

「『治療行為の価値』を向上させるマネジメント・システム」平成21年3月、九州産業大学『商経論叢』第49巻第3号、1-30頁。

「米国医療におけるアカウンタビリティと管理会計の役割」平成20年12月、九州産業大学『商経論叢』第49巻第2号、21-46頁。

「米国病院における伝統的な原価計算プロセス」平成20年9月、九州産業大学『商経論叢』第49巻第1号、49-64頁。

「米国営利病院の原価管理と品質管理」平成18年7月、九州大学『経済論究』第125号、21-40頁。

「米国病院における原価計算制度の展開と医師プロファイリングの役割」平成18年7月、九州大学『経済論究』第125号、1-21頁。

専攻分野・研究テーマ

医療システム論

租税法

所属学会

日本管理会計学会

租税法学会

日本病院・医療管理学会

九州経済学会(理事・編集委員)

MyFavorite

九州、山口地域は焼き物の産地であり、窯元めぐりが好きです。福岡の小石原焼、佐賀の有田焼、唐津焼、山口の萩焼の窯元には良くお邪魔しています。コツコツと作品を作り上げていく作業は、研究者にも通じるところがあります。



外部リンク

添付ファイル: file7877.jpg 1件 [詳細]
Last-modified: 2020-04-08 (水) 14:19:11